プロフィール

フォトアルバム

OakVillage

オークヴィレッジ(1974年創設、本拠地岐阜県高山市)は、出発当初から「100年かかって育った木は100年使えるものに」という合言葉で、持続可能な循環型社会を「木」という再生可能資源で実現しようと提案し続けています。

2016年6月29日 (水)

今日の工房

海のいきものつみのつみきの制作が進行中です。

1

2



ほかに、ウインザーチェアの制作も進行しています。

4

5


折りたたみ小机も進行しています。
6




制作部(糟谷)




オークヴィレッジホームページ
オークヴィレッジオンラインショップ

2016年6月22日 (水)

『古都』

先日
奈良へ行ってきました。

奈良の町は変化がゆっくりで
懐かしい風景が結構残っています。

奈良駅から歩いていける東大寺。
小さいころよく走り回った大仏殿の裏には
蛍がいたり
ザリガニがいたり。
今でもいるのでしょうか。

オススメの場所は
大仏殿より山側の高台にある。
二月堂からの風景です。

早朝、階段を駆け上がっていくと
静かで贅沢な時間を感じることができます。
夏のご旅行の候補にいかがでしょうか。

1

2



企画営業部(小村)




オークヴィレッジホームページ
オークヴィレッジオンラインショップ

2016年6月15日 (水)

こちら清見では

ただいま社内の材料倉庫を建てています。

1

2

3

住宅とはまた違って、迫力のある建物となりそうです。



建築部(佐々木)




オークヴィレッジホームページ
オークヴィレッジオンラインショップ

2016年6月 8日 (水)

販売というお仕事

1_2


お店に立っていると、毎日様々なお客様との出会いがあります。
一期一会な出会いもあれば、何度もお店に足を運んでくださるお客様もいます。

どんな出会いも一つ一つ大切にしたいと日々思っています。

販売している商品の中にはお祝い事にピッタリの商品も多いため
お客様のお祝い事のお手伝いをすることもよくあります。

どんなお祝いなのかをお聞かせいただける機会も多く、
いつも自分のことのように幸せいっぱいな気持ちになりながらお話を伺っています。

差し上げる方を想像しつつ、どんな物だったら喜んでいただけるかを
真剣に考えて、ご提案しています。

お客様におすすめした商品を気に入っていただいた時は、
心から良かったといつも思います。

ラッピングをする際は、毎回私からお渡しする方へ気持ちを込めてお包みしています。

ご出産祝いだったら、「元気にすくすく大きくなってね。」
ご結婚祝いだったら、「末永くお幸せに。お二人の歴史にこの商品も入れてください。」
母の日や父の日のプレゼントだったら、「これで毎日の疲れを癒してください。」などなど…

そして最後に「喜んでもらえますように」という気持ちを込めてお客様へお渡しています。

この仕事をしていなかったら、こんなにもいろいろな方々のお祝いをする機会なんてありません。
お祝い事のお手伝いでいつも幸せを分けていただいています。

いろんな方とお話していろんな気持ちを分けてもらって…
こんな魅力がたっぷりのお仕事だから、私はこの仕事に夢中になっています。


現在、ここで一緒に働くスタッフを募集しております。
是非一緒にこの魅力味わってみませんか?





自由が丘店(七尾)



オークヴィレッジホームページ
オークヴィレッジオンラインショップ

2016年6月 1日 (水)

只今制作中

工房の様子を一部お伝えします。

こちらは仕口加工を終え、
八角形にされたスワローチェアの脚です。

03


ならい施盤という機械で丸棒に成形しています。

01

02


6月もまだ始まったばかりですが、
オルゴールツリーに付属するオーナメントの制作が着々と進んでいます。

05
不思議なものに見えるかもしれませんが、ひとつひとつ切り離された
コイン型のオーナメントになります。

 

新作、海のいきものつみきの制作も始まっています。

04
これはクリです。
ほかにサクラ、ホオ、シラカバと、4つの樹種で構成されます。
完成まで、しっかりと仕上げていきたいと思います。





制作部(市川)



オークヴィレッジホームページ
オークヴィレッジオンラインショップ

2016年5月25日 (水)

梱包

こんにちは

私の仕事は物流センターにて日々お客様へ商品をお届けするため、
梱包したり、手配をしたり、物流に携わる事を主として従事しています。

〈ストラップから建物まで〉と謳っているように、お送りするものは大小
様々です。
さすがに建物は現地で組み上げるしかありませんが、特注家具から
小物までを扱っています。
様々なご要望に合わせた様々な梱包形態、手配がありますが、
最近出荷した案件でこういうものがございました。
ある日営業担当I氏より一本の電話
『制限とかあって、もしかしたら無理かもしれないのだけど…』
『わかりました。サイズなど図って可か否かご報告します』

・お客様は普段はアジアの某国にお住まい。
・日本にいるときオークヴィレッジの商品を知ってお気に入りくださり購入。
・国際郵便は非常に高額な為、手荷物にて持って帰りたい。

というご事情がありました。
オークヴィレッジの商品をとても気に入ってくださり、向こうでも大事に使いたいので
是非よろしくお願いしますとの事でした。
もちろんお客様のご要望にお応えできるよう、精一杯やるだけが仕事です!
が、その商品の形状で少し頭をズーンと悩ませました。
オークヴィレッジの独創的な商品【コロコロ合唱団】です。しかも2台!!
ここはお客様のみならず、営業I氏も色々頑張っているので、応えるのが男。

1

 

まず今回の任務に当たって、クリアしなければいけない大きな関門が2つ。

・手荷物としてフライトに持ち込むということは、裏ではベルトコンベアーに
叩きつけられ、他の荷物(大体スーツケースのような頑丈なもの)に押しやられ、当然、普通に立っていられるわけはなく、スーツケース同様、割とぞんざいに扱われるので、破損リスクが半端ない。しかも商品はその形をみればわかるように特に鍵盤部が壊れやすそう。

・破損リスクを考えれば、それなりに頑丈に梱包しなければいけないが、
機内に持ち込める制限サイズからすでに商品サイズ+2センチもない。しかもフライトは迫りあまり時間もない。

といった訳でありました。こちらの商品には元々は商品箱がある為、国内輸送に関しては問題ないのですが、手荷物にはサイズの制限があり、この商品箱ではゆうに超えてしまう為、今回は使えません。

まずは鍵盤を動かないようにする為、ラップとプチプチでぐるぐる巻いて固定。

2


その後全体も巻いてから、本体に負荷がかからないよう、薄いベニヤ板的なものを要所に張り付け固定。
最後、サイズぎりぎりになるように一ミリ単位でカットしたダブルカートンで全体を覆いました。
時間もあまりなかったのですが、なにか楽しかったです。

3

4

当然、無傷でお届けできてこの仕事は初めて意味が見いだせるのですが、
幸い、無事にお届けができたようです。

これからも、お客様がオークヴィレッジの商品で笑顔になっていただけるよう、努めてまいりたいと思います。

ありがとうございました。




物流センター(垣内)



オークヴィレッジホームページ
オークヴィレッジオンラインショップ

2016年5月18日 (水)

ジャージー牛

はじめまして、4月に入社しました建築部の山口です。
よろしくお願いします。

牧歌の里にいってきました。
牧歌の里は、ひるがの高原にある動物とのふれあいや四季折々の花が楽しめるところです。

お目当てのチューリップはすっかり終わっていましたが、快晴で白山までくっきり見えました。

01

02


またそれとは別に、すてきな出会いがありました。
こちら、生後3ヶ月のジャージー牛の赤ちゃん

03

なんと、私とおなじ「はるかちゃん」でした。
こんなにキュートな彼女も、大きくなると、、、

04

と、まあたくましく育つようです。
また成長したはるかちゃんに会いに行こうとおもいました。





建築部(山口遥)



オークヴィレッジホームページ
オークヴィレッジオンラインショップ

2016年5月11日 (水)

気分転換には

気分転換にお出かけしたり、美味しいものを食べに行ったりしています。
今まで自由が丘にあるいろいろなお店を紹介してきましたが、
今回は東京のおすすめのお店を紹介したいと思います。


「俺のフレンチ TOKYO」

01

ずっと行ってみたいと思っていたお店にやっと行けました!
一番人気のメイン料理を頼みました。
普段はあまり食べない料理が食べれて嬉しかったです。
食べながらLIVE演奏も聞けて本当に気分転換になりました。

銀座本店
東京都中央区銀座1-8-19
03-6264-4921


「IVY PLACE(アイヴィープレイス)」

02

雰囲気もよくて料理もおいしいお店。
料理はどれもおいしいですが、女性にはパンケーキが人気らしいです!
代官山のツタヤ書店の隣にあるお店で、ツタヤ書店も含めおすすめです。

東京都渋谷区猿楽町16-15
03-6415-3232


「ブルーボトルコーヒー(Tokyo Blue Bottle)」

03

カリフォルニアオークランドに本社を構える、アメリカで人気の高いコーヒー専門店です。
スタッフがハンドドリップでコーヒーをいれていました。
サイフォンコーヒーとカフェラテとデザートも頼んでみました。
コーヒーが好きな方なら一度行ってみることをおすすめします。
ブルーボトルのロゴや商品なども勉強になりました。

青山カフェ Café
東京都港区南青山 3-13-14





意匠設計室(鄭)



オークヴィレッジホームページ
オークヴィレッジオンラインショップ

2016年4月27日 (水)

ショールーム前に芝生を植えました!

高山の桜も葉桜に変わり、木々から新芽が出てきました。
ここ数日天気も良く、とても過ごしやすいです。
GWフェアに向けて環境整備を行いました。
会社敷地内の落ち葉などを清掃したり砂利をひいたり、そして、とうとうショールーム前の雑草が生えているだけのスペースに念願の芝生を植えることができました。

1

2

雑草と石がたくさんあったので、それらを取り除き、土と肥料を入れて混ぜ、なるべく平らにして芝を敷き詰める作業はやはり大変な作業ですね。
今日ようやく貼り終えたので、後は根付いてくれるのを世話をしながら願うばかりです。
すくすく成長して夏頃、青々とした芝が生えていて欲しいです。
そしてどうにか高山の冬を乗り越えてもらいたい。




制作部(荒川)



オークヴィレッジホームページ
オークヴィレッジオンラインショップ

2016年4月20日 (水)

家具のお届けは大切な仕事

先日、家具のお届けに3件行ってまいりました。

1件目は、M様宅です。
こちらは37年前に購入いただいたテーブルセットの、漆塗り直しのメンテナンスです。

まだ創設間もない頃、オークヴィレッジ創業メンバーの一人である佃(つくだ)が造ったテーブルセット。
M様の「M」の刻印が四隅にあり、世界でひとつのテーブルです。
当時の佃との思い出を、懐かしそうに色々お話しいただきました。

01こちらが塗りなおす前の写真です。
37年間、大切に使っていただき、よい味わいが出ています。
今回は引越しをされるとのことで、心機一転、塗りなおすことになりました。

02こちらが塗りなおし後の写真です。
新品とはまた違った、深い色合いです。
また30年後に塗りなおして、100年お使いいただければ本当に嬉しいです。


2件目は、O様宅です。
無垢の木の家は、海岸のすぐそばにあり、開放的で気持ちがよく、夢のようなご自宅でした。
今回はオイル仕上げの特注食器棚&テーブルをお届けしました。

03

04

樹齢200年は超えるミズナラのテーブルは、生命力を感じます。
木がとても好きなO様には、その醸し出す雰囲気や造形を気に入っていただきました。
木の柱・梁・床とともに、味わい深くなる経年変化をお楽しみいただければと思います。


3件目は、K様宅です。
こちらのお客様は20数年前に弊社を知っていただき、
「その時は文具しか買えなかったけど、いつかはオークヴィレッジの家具を買いたい」
との思いから、少しずつ家具をお買上げいただいてます。
今回は塗りなおしたダイニングテーブル、新調した特注の食器棚、ワイン収納棚、座卓をお届けいたしました。

05

06

07

梱包を開ける瞬間まで、期待と不安が入り交じった独特の緊張感。
そして開けた時、思わず「わーすごい!」と歓声があがりました。
ご期待以上の出来で、これから毎日楽しく幸せに暮らせます、と嬉しいお言葉をいただきました。


家具を通して様々なお客様とのご縁ができ、この仕事をやっていてよかったなと改めて思います。
そしてお客様それぞれにドラマがあり、その一端を感じることができる納品は、
自身の人生勉強にもなり、大切な業務のひとつなのです。


最後に話しは少し変わりますが、高山ショールームではもうすぐ恒例の「GWフェア」が始まります。

また沢山のみなさまと出会えることを楽しみにしております。
ぜひお気軽に遊びにお越しください!



高山ショールーム(市田)



オークヴィレッジホームページ
オークヴィレッジオンラインショップ