プロフィール

フォトアルバム

OakVillage

オークヴィレッジ(1974年創設、本拠地岐阜県高山市)は、出発当初から「100年かかって育った木は100年使えるものに」という合言葉で、持続可能な循環型社会を「木」という再生可能資源で実現しようと提案し続けています。

« 2017年2月 | メイン | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月29日 (水)

お土産に

近年仕事などで京都に行く機会が多くなり身近に感じる事の出来る町になってきました。
京都に行くと探し求めるお土産があります。
八つ橋で有名な[おたべ]が売りだしている[こたべ]という商品です。

 01


名前の通り小さめの八つ橋が入っています。
八つ橋も美味しいのですが、私の目的はこの小さめの箱が目当てで買い求めています、小物を整理するのにちょーど良いサイズなんです。

 

02


捨てるに捨てられない小物が増えて整理が付かないでいました、これだと私の机に収まりやすいのです。
しかも毎年パッケージのデザインが変わっているらしく、ちょとした集める意欲も湧いてきます。
華やかな机になってきてしまいましたが。





建築部(佐々木)



オークヴィレッジホームページ
オークヴィレッジ建築ブログ

2017年3月22日 (水)

長野県木曽町にて開催した「オークヴィレッジ 木育キャラバン」

高山本社の服部です。
オークヴィレッジと東京おもちゃ美術館で共同運営する「木育キャラバン」開催のため、
先日3月11日、12日は、長野県木曽町にお邪魔してきました。

1

2
今回の会場は築90年の小中学校の木造体育館です。
どうです? 素敵な空間でしょう?


地域の過疎化で十数年前に廃校となってからは、「ふるさと体験館」として郷土文化の展示や体験ができる施設として存続されています。
木曽福島の地元の材を使い、地元の大工さんが総出で建てたというこの体育館、なんとも味わい深い趣だと思いませんか?


広い広い床は楢の木で丁寧に張られていて、一歩一歩踏みしめるだけでもう、感動やら有難いやら。
重要文化財でも何でもないはずだけれども、空間そこかしこで感じる積み重なった歳月の面影の中、生まれて間もない子どもたちのはしゃぐ姿、そして若いお父さんお母さんと、かつてこの学び舎に通ったというご年配がそれを見守って。
この空間に包まれるだけでとても幸せでした。(もちろん真面目に運営もしてましたけれど)


人口11,000人という木曽町。2日間でなんと900人の方が足を運んでくださいました。
今回のキャラバンを支えた木曽町役場の方々、子育て支援センターの方々、そして1年前から町とともに企画を進めてこられたTREE TO GREENの方々・・・。
地域が一つになって、皆さんの熱い想いと温かな笑顔がとても素晴らしい2日間でした。
古くから木と共に歩んできた木曽の町にも、新たな木文化の一頁が生まれたと思います。


また木曽の皆さんとお会いできる日を心から楽しみにしています。
そしてこれから木曽に出かけられる皆さん、ぜひ高原の山あいに佇む「ふるさと体験館」にも足を運んでくださいね。

「オークヴィレッジ 木育キャラバン」の次回は3月26日(日)、奈良県・五條市にお邪魔します。
お近くの方もそうでない方も是非、会場にお越しください!

 

>「オークヴィレッジ 木育キャラバン」開催スケジュールについてはこちらから





企画営業部(服部)

 


オークヴィレッジホームページ
オークヴィレッジオンラインショップ

2017年3月15日 (水)

春までもう少し

ここのところ暖かい日が続いていたのに、一転 今日は雪模様。

01


変わりに木工で少しだけ「春」気分。

02





制作部(春田)

 


オークヴィレッジホームページ
オークヴィレッジオンラインショップ

2017年3月 8日 (水)

木育キャラバン

石川県金沢市での「オークヴィレッジ 木育キャラバン」の開催、「第4回 木育サミット in 江東区」の講演、新作おもちゃ「オトツミキ」(※)の新発売、そして、今週末に長野県木曽市での「木育キャラバン」の開催を控え、オークヴィレッジは、おもちゃや木育関連の話題を連日お届けしています。

※「オトツミキ」は三越伊勢丹限定のオリジナルアイテムになります。

1_2


盛りだくさんの木のおもちゃ空間「オークヴィレッジ 木育キャラバン」は、多彩な国産広葉樹を遊びを通じて五感で体感し、0歳のお子様から大人まで家族皆で楽しんでいただけます。
あなたの街に「オークヴィレッジ 木育キャラバン」がやってきた時は、ご家族でお越しいただければ幸いです。
 


企画営業部(青山)

 


オークヴィレッジホームページ
オークヴィレッジオンラインショップ

2017年3月 1日 (水)

枠づくりです

現在、関東にて物件が進行中です。

無事に建前も終わり、次は開口部の枠作りに入ります。

オークヴィレッジでは特殊な材木は自社で持っています。
今回は敷居材と一部の枠をナラ材を加工して使用しますので材料倉庫にきています。

01


現板の山になります。
色々なサイズで特殊な加工に対応出来るように準備しています。

02

03


くせを取りながら現板を削りこんで行くと綺麗な木肌が出て来ました。

ここから図面を読み込んでスミをしていきますが、現場との絡みもありますので図面との折り合いを見極めながらの仕事となります。
間違いは出来ないので緊張感ある作業です。




建築部(佐々木)



オークヴィレッジホームページ
オークヴィレッジ建築ブログ