プロフィール

フォトアルバム

OakVillage

オークヴィレッジ(1974年創設、本拠地岐阜県高山市)は、出発当初から「100年かかって育った木は100年使えるものに」という合言葉で、持続可能な循環型社会を「木」という再生可能資源で実現しようと提案し続けています。

« 工房の屋根のつらら | メイン | 木育キャラバン »

2017年3月 1日 (水)

枠づくりです

現在、関東にて物件が進行中です。

無事に建前も終わり、次は開口部の枠作りに入ります。

オークヴィレッジでは特殊な材木は自社で持っています。
今回は敷居材と一部の枠をナラ材を加工して使用しますので材料倉庫にきています。

01


現板の山になります。
色々なサイズで特殊な加工に対応出来るように準備しています。

02

03


くせを取りながら現板を削りこんで行くと綺麗な木肌が出て来ました。

ここから図面を読み込んでスミをしていきますが、現場との絡みもありますので図面との折り合いを見極めながらの仕事となります。
間違いは出来ないので緊張感ある作業です。




建築部(佐々木)



オークヴィレッジホームページ
オークヴィレッジ建築ブログ

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。